足利セラミックラボラトリー スタッフブログ

記事一覧

新年あけましておめでとうございます

2017/01/06

アップロードファイル 60-1.jpg

新年明けましておめでとうございます。ACLの年始めは群馬本社と東京支社とで合同挨拶会が行われます。新たに一年を迎え、従業員一同、皆様への感謝の気持ちを忘れず、業務に邁進してまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。


カナダからの手紙

2016/12/17

アップロードファイル 57-1.jpg

かれこれ38年前にこんな題名の歌が流行っておりました。笑
昨日、弊社に届いた1通のエアメール。
カナダから届いた物は、素敵なクリスマスカードとプレゼントでした。
差出人は2年前の夏に弊社のインターンシップ(業務体験)制度を利用して来ていた歯科技工士学校2年生の生徒さんでした。
とても向上心を持った方で卒業後に海外に移住するので、日本にいるうちに歯科技工所の仕事を体験しておきたいとの理由で1ヶ月間来ておりました。
弊社での体験が、ほんの少しでも良い思い出になっていれば幸いなことです。

クリスマスカード&プレゼントをありがとうございました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。


田村勝美先生による特別出張講演会

2016/12/15

アップロードファイル 58-1.jpg

12月15日(木)新横浜歯科技工士専門学校様にて弊社運営の「デンタルアカデミー東京」非常勤講師の田村勝美先生の特別出張講演会を開催させて頂きました。1,2年生の生徒様に、技工士としての心構えやインプラント技工及び補綴物の咬合学について1時間程度の講演を行いました。ほんのさわりの内容でしたが、技工士の仕事の奥深さを感じ取って頂けたのではないでしょうか。


社内スカイプ研修開催

2016/11/22

アップロードファイル 56-1.jpgアップロードファイル 56-2.jpgアップロードファイル 56-3.jpg

社員の技術向上を目的に、月1回、午後の就業時間内を使って社内研修を行っています。弊社が運営しているお茶の水にある デンタルアカデミー東京(旧名:マスターセラミストスクール)講師の渡部がスカイプを使って本社とライブ研修会を開催しました。今回の内容は「メタルボンドの小臼歯部の築盛」でした。築盛テクニックのポイントを説明し、また実際に作ったものを渡部に確認してもらいながらのライブ研修です。普段の仕事だけでは得られない技術を定期的な研修によって身に着けることができます。今後もスクールを利用し社内研修を充実させていく予定です。


気持ち引き締めて

2016/09/02

アップロードファイル 55-1.jpg

弊社ではこの時期、あらたに事業年度を迎えます。ちょうどタイミング良く、注文していたユニフォームも入荷し期首の朝礼を迎えました。
これもひとえに、取引先様や関係者の多くの皆様のお陰と心より感謝し、また、より一層の取引先様のお役にたてる技工所となるよう、日々精進して参りたいと思いました。


モンゴル訪問

2016/08/01

アップロードファイル 54-1.jpgアップロードファイル 54-2.jpgアップロードファイル 54-3.jpg

7月24日に代表の宗村は、所属している足利西ライオンズクラブとウランバートルビチェグトライオンズクラブとの国際姉妹クラブ協定締結式に出席するためモンゴルへ出かけました。締結式の詳しい内容はhttp://www.anlc.jp/cgi/diarypro/diary.cgi?no=20 をご覧ください。また、コーディネーターの案内でモンゴルの都市ウランバートルの歯科医院を訪問し見学させて頂きました。医院内の設備等は綺麗に整っており、全体的な印象としては数十年前の日本の歯科治療といった感じだったそうです。


4日間のインターンシップを終えて

2016/07/19

先日、インターンシップを終えた学生さんから感想文を頂きました。

----------------------------------------------------

今回のインターシップでは、株式会社足利セラミックラボラトリーの企業の皆様に、4日間とても貴重な体験をさせてもらいました。この4日間で、歯科技工士という職業についてたくさん知る事ができました。
体験中は、実際に、石膏を彫ってみたり、金属を研磨してみたり、CAD/CAMをいじってみたりと普段ではできないような、様々な体験をさせてもらいました。作業中では、私がやってもなかなか上手くいかないことを、企業のみなさんは、瞬時に対応し、ぱぱっと作業をしてしまうので、やっぱりすごいなぁと思いました。また、会社の中がすごく仕事をしやすい環境になっている事にもとても感心しました。4日間という短い期間でしたが、その中で、学んだ事を忘れずにもっと歯科技工士についていろいろ知りたいと思いました。


東海歯科医療専門学校様 企業セミナー参加

2016/07/15

アップロードファイル 53-1.jpg

7/14(木)に東海歯科医療専門学校様(名古屋)の企業セミナーに参加させて頂きました。セミナー冒頭に長谷川彰人学校長様の話があり、我々に対し何度も「暑い中、お越しいただき誠にありがとうございます」と言っておりましたが、減少していく生徒さんを集めるのに大変な思いで募集活動をされている技工士学校様に対し、こちらこそ大変感謝するとともに、我々企業としても技工士を目指す学生が一人でも増えていくように何らかの活動をしていかなくてはいけないと考えさせられるものがありました。セミナーでは留学生や海外志向の方などと話ができ、大変有効な時間を過ごさせて頂きました。総務松田


インターンシップ実施

2016/07/02

アップロードファイル 51-1.jpg

6/28~7/1の4日間、近隣の工業高校の生徒さんへインターンシップを実施しました。技工士というすばらしい仕事を知らない学生さんも多くいると聞き、また年々技工士を目指す学生が少なくなっている現状に、弊社としても何かできることはないかと思っていた矢先に、学校からの依頼があり、快く引き受けさせていただきました。仕事は有資格者しかできませんので、技工の仕事を見学したり、石膏を削ってみたり、鋳造研磨の体験として指輪作りを体験してもらいました。いつか、インターンシップを体験して技工士になったという人が来てくれると嬉しいですね。総務 松田


日本デジタル歯科学会に参加して

2016/06/04

アップロードファイル 50-1.jpg

社員と共に参加した日本デジタル歯科学会第七回学術大会(5/28,29 北海道立道民活動センター かでる2・7で開催)において、大阪大学院歯学研究科の中村先生による講演の中で、アメリカのデータで2005年の補綴物のメタルフリー率が17%だったものが、2015年では60%になっているとのことだった。今後もメタルフリーは加速されると話されていた。日本でのハイブリッドCADCAMについては、水中浸漬のよる強度低下について懸念されていた。またセット時においての唾液汚染による接着強度の低下についても話されてた。二日目の「歯科における積層造形法の応用」では今後のPEEK材の普及やレーザーシンタリングによるメタルプレートフレームや焼き付け用のCo-Crの材料の利点が紹介された。写真の義歯はすべて(人工歯まで)3Dプリンターで作られた物 宗村