足利セラミックラボラトリー スタッフブログ

記事一覧

メリークリスマス!

2014/12/26

アップロードファイル 19-1.jpg

本年もハワイ支社のみなさま、及びお客様からクリスマスカードを頂きました。業務へのモチベーションがあがり大変な励みとなります。ありがとうございます。

クリスマスが過ぎると一気に年末年始モードに入りますが、みなさま体調を崩されぬよう、ぜひご自愛ください。

穏やかな新年を迎えられます様、お祈り申し上げます。


歯の色を再現する事について

2014/12/15

アップロードファイル 17-1.jpg

歯科医療の現場において、天然歯の色を再現する事は非常に困難だと言われています。「色調」「明度」「彩度」様々な要素が絡んだ複雑な歯の色ですが、それらを正確に相手に伝える事は可能でしょうか。そのためのツールとして、長らく技工の現場で使用されている「シェードガイド」がありますが、これらには一般的にVITA色の、A系、B系の色が使用されてきています。ですが、これらの色調は、実は歯の色を表す色域を、正確にカバーしていません…。そんな話から始まった、白水貿易株式会社「ビタイージーシェードアドバンス」の説明会が弊社で開催されました。このツールで歯の色調を正確に数値化する事ができ、新しく整理し直されたシェードガイドをもって相手に正確に歯の色を伝える事が可能となります。


ハワイ支社見学

2014/12/14

アップロードファイル 18-1.jpg

新東京歯科技工士学校の生徒さんが、ハワイ支社まで見学にいらっしゃいました。ハワイでは日本国内の技工所とは違った側面も見られますので、今後の技工の参考になればと思います。最新技術は海外発祥の物が多いですが、日本人の手先を活かしたきめ細かい技は海外でも大変評判が良いようです。ハワイ支社にて日本の技工士達が長年人気を博しているのも、そういった「おもてなし」の精神が根付いているからでしょう。ACLではタイミングが合えばいつでも学生さんの見学を受け入れておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。


BPSテクニカル認定コースin長野

2014/12/08

アップロードファイル 16-1.jpg

12月6日、7日に長野市内にてIvoclarVivadent主催のBPSテクニカル認定セミナーが行われ、義歯担当者が参加してきました。BPSはIvoclarVivadentとヨーロッパの歯科大学、臨床医が共同開発した義歯製作のシステムであり、完成度の高い義歯を製作することが可能です。年々義歯の製作も増加しており、また、より良い製品が求められておりますので、先生方の期待に添えられる製品がご提供できるよう準備を整えております。


グッドデザインぐんま

2014/11/13

アップロードファイル 15-1.jpg

群馬県内の産業を盛り上げるために県の工業振興課で行っている「グッドデザインぐんま」の審査会に「入れ歯ピカコ」を展示する事となりました。総務課できっちり書類を作って頂いたため、書類選考に無事合格し、最後の現品審査です。入れ歯ピカコは弊社にてOEM供給している義歯洗浄剤で、パッケージデザインなどをサービス事業部にて手がけました。義歯洗浄剤のパッケージにあの、ゆるキャラNo1のぐんまちゃんを載せる時が来るかも??


CAD/CAMルームに窓設置

2014/11/11

アップロードファイル 14-1.jpg

事務室の一部にCAD/CAMを置いてましたが、機材も増えてきたので、CAD/CAM専用ルームを設置しました。また、技工の作業場と壁で区切らていましたので窓を設置して開放的な空間になりました。


第2回 入社試験

2014/11/04

11/1に、来春技工学校を卒業する生徒さんを対象として2回目の入社試験を行ないました。試験も多く、また就職先の選択と、技工士学校の2年生(3年生もあり)は忙しい時期ですが、それぞれにベストを尽くして頑張って下さい。


上海デンタルショー

2014/10/31

アップロードファイル 12-1.jpg

パシフィコ横浜のワールドデンタルショーがあった10月の後半に、上海デンタルショーが開催され、役員が視察へ行ってきました。会場は横浜と同じ程度の広さが、1階、2階にあるといった程度でした。2階はバッタ市のような様相で、小物類の大量ディスカント販売がされていたそうです。1階では、特にCAD/CAMに関する出店が多く見られ、日本よりも数多くのシステムが出ていたそうです。但し、大手メーカーのシステムは日本と同じ内容でしたので、特別なシステムを見ることは無かったようです。しかし、CAD/CAMも性能の向上に従い、年々気になるシステムが出てきているので常にアンテナを張って情報収集をしていかなくてはならないと感じています。


CAシステムセミナー参加!

2014/10/28

アップロードファイル 11-1.jpg

10月26日、27日に御茶ノ水で行われたクリアライナーシステムセミナーへ技工部の責任者が参加してきました。固定式矯正装置を望まない患者様に、透明なスプリントを使用した審美的で違和感の少ないシステムであり、ドクター、技工士共セミナー受講者のみの取扱いができるテクニックとなっています。製作にはハード&ソフトウェアが必要で、またパソコンが増えそうです。CAD/CAMやノーベルガイドなどパソコンを利用したシステムも多くなり、ラボ内が徐々にハイテク化になってきてます。


スポーツマウスピース!

2014/10/21

アップロードファイル 10-1.jpg

これが研修会で製作したスポーツマウスピースです。従来のような全体的に厚い物ではなく、必要な箇所をしっかり保護する形態になっているので、装着しても違和感の少ないのが特徴です。これはいい!