足利セラミックラボラトリー

TOP

メインコンテンツ

AGCガルバノシステム

AGCガルバノシステム

ソーシャルボタン

技工物の説明

「電鋳法」による厚さ0.2-0.3mmの純金キャップ
ガルバノシステム
ガルバノシステム

「AGC」は、電鋳法を利用して99.9%の純金キャップを制作する方法です。弊社では、AGCを維持装置として、コーヌスの内、外冠、そしてインプラントの上部構造への応用をすすめています。「AGC」は1986年から臨床使用がはじまっている実績豊富なシステムです。

前装種類特徴
ハイブリッドセラミックタイプ 対合歯に優しい適度な硬さと、メンテナンスの修理がしやすい設計です。
人工歯タイプ 既製の人工歯を使用し、義歯タイプで仕上げたコストを抑えた設計です。
プレスセラミックタイプ 1歯ずつ取り外せる設計で、コストは高くなりますが、最も審美的に優れた設計です。
対応症例
  • コーヌスクローネ
  • インプラントの埋入本数の多い症例
  • 骨吸収量が大きく、歯肉部の再現が必要な症例
  • アクセスホールが唇側に出てしまう症例

Aesthetic