足利セラミックラボラトリー

TOP
口腔内スキャンデータ入稿はこちら

メインコンテンツ

アタッチメント

アタッチメント

ソーシャルボタン

一般の方向け解説文

口腔内スキャンとは、直接歯列をスキャニングしてデジタルデータ化するシステムの総称で、歯科医療のデジタル化に伴い普及が進んでいます。

通常、被せものや入れ歯などを製作する際は、患部である歯列を精密にコピーした模型を作成し、その模型上で設計製作します。そのコピーに必要な工程として、従来であれば柔らかい歯科用シリコンを盛り付けたトレーを患者様に噛んでいただき歯型をコピー(印象採得)、コピーしたシリコンに石膏を流し込み、固まったら模型の完成、という流れで実現しておりました。この方法は長きに渡り、一般的に採られてきた手法ですが、近年、口腔内スキャナーが登場したことで大幅に変わってきています。

このスキャナーは非接触で歯列をスキャニングすることで、歯列をデータ化することが可能です。歯列のデータ化によるメリットは非常に大きく、精度が高くなり再製作のリスクが減る、模型が不要となることによる物流の簡略化、患者様負担の軽減、非常時のバックアップが可能、などが挙げられます。

デジタル歯科の実現には歯列のデータ化が不可欠であり、歯列をコピーした模型をスキャンするのか、直接口内をスキャンするかのどちらかで実現が可能です。そのため、今後はよりシンプルな口腔内スキャンが主流になって行くことが考えられます。

足利セラミックラボラトリーはその様な手法でスキャニングされた歯列データによる人工歯や入れ歯等の製作を行っております。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

技工物の説明

一般的なクラスプ付きの義歯は鉤歯を傷つける可能性があり、審美的にも良好ではありません。

弊社では審美的にも残存歯にも優しい、義歯のアタッチメント類について豊富な技術を提供しております。過去の義歯修理などについてもご相談下さい。

ロケーター
ロケーター
  • 可撤性
  • 安定性
  • 審美性
  • 耐久性
  • 清掃性
  • 経済性
  • インプラント対応

ロケーターシステムは、オーバーデンチャーの維持装置を簡便に作製できるシステムです。固定源がしっかりと確保されるため義歯が安定し、患者自身が義歯を取り外しできるため清掃がしやすくなります。

クーゲルホック
クーゲルホック
  • 可撤性
  • 安定性
  • 審美性
  • 耐久性
  • 清掃性
  • 経済性
  • インプラント対応

クーゲルホックは、プラスチックの持つ弾力性を維持力として応用した、ホック式ノンクラスプ有床義歯アタッチメントです。着脱を続けることで経年劣化し維持力が低下した際はフィメールを除去し、新しいフィメールと交換します。

ERAアタッチメント歯冠外
ERAアタッチメント歯冠外
  • 可撤性
  • 安定性
  • 審美性
  • 耐久性
  • 清掃性
  • 経済性
  • インプラント対応

残存歯にオス側となる金属の装置を装着し、義歯側にナイロンでできたメス側となるキャップを装着し、入れ歯を嵌入するアタッチメントです。

オーリングや磁石よりも嵌入強度が強く、キャップの色により、嵌入強度を調整でき、様々な症例に対応可能です。ただし、ナイロン製キャップのため、摩耗により嵌入強度が低下するため、半年に1度のキャップ交換が必要となります。

ERAアタッチメント歯冠内
ERAアタッチメント歯冠内
  • 可撤性
  • 安定性
  • 審美性
  • 耐久性
  • 清掃性
  • 経済性
  • インプラント対応

残存歯にオス側となる金属の装置を装着し、義歯側にナイロンでできたメス側となるキャップを装着し、入れ歯を嵌入するアタッチメントです。

オーリングや磁石よりも嵌入強度が強く、キャップの色により、嵌入強度を調整でき、様々な症例に対応可能です。ただし、ナイロン製キャップのため、摩耗により嵌入強度が低下するため、半年に1度のキャップ交換が必要となります。

バーアタッチメント ドルダーバー
バーアタッチメント ドルダーバー
  • 可撤性
  • 安定性
  • 審美性
  • 耐久性
  • 清掃性
  • 経済性
  • インプラント対応

無歯顎の症例など、義歯の安定性を高めたい場合に適応したいアタッチメントです。埋め入れたインプラント体をバーにて連結し、入れ歯側にクリップを装着する事により機能します。

磁性アタッチメント
磁性アタッチメント
  • 可撤性
  • 安定性
  • 審美性
  • 耐久性
  • 清掃性
  • 経済性
  • インプラント対応

磁石により義歯を固定する方法を用いた義歯です。

支台歯に磁石と相性の良い金属(キーパー)を装着し、入歯側に超小型磁石を取り付け、磁力により装着します。磁力を利用する為、必要以上の負荷がかかっても支台歯に無理な負荷がかからないようになっています。磁力の強弱により、維持力をある程度コントロールする事も可能なので、支台歯の健康状態、症例によって、様々な応用が可能となります。

また、インプラントへの応用においても、植立方向が多少悪くても問題とされないことや、バーアタッチメントのように連結する必要がないため、植立位置に制限がなく、天然歯との併用も容易におこなうことができます。

コーヌスクローネ
コーヌスクローネ
  • 可撤性
  • 安定性
  • 審美性
  • 耐久性
  • 清掃性
  • 経済性
  • インプラント対応

コーヌス義歯は、残存歯に金属冠をかぶせ、その上から筒状に、茶筒のフタの様に装着する義歯です。義歯と残存歯が「一体化した固定装置」となり、義歯をしっかりと支えることが可能となります。

支台歯にかかる負荷は上下の負荷のみで、バネ(クラスプ)のように横からの負荷がかかる事も少なく、残存歯に非常に優しい義歯とも言えます。ものを噛む能力が非常に高く、クラスプを必要としない為、審美性にも優れており、症例に対する応用範囲も広くなります。

OPアンカー
OPアンカー
  • 可撤性
  • 安定性
  • 審美性
  • 耐久性
  • 清掃性
  • 経済性
  • インプラント対応

入れ歯側には特殊合成ゴム製のOリングを取り付け、土台となる歯根に鋳造した金属を埋め込み、嵌入する事で維持力を発揮するアタッチメントです。少ない本数でも十分な固定力が得られ、金属のバネもいらず、審美的にも大変良好です。

お取引のご相談・お問い合わせ

Denture