足利セラミックラボラトリー

TOP

メインコンテンツ

CAD/CAM冠

CAD/CAM冠

ソーシャルボタン

一般の方向け解説文

口腔内スキャンとは、直接歯列をスキャニングしてデジタルデータ化するシステムの総称で、歯科医療のデジタル化に伴い普及が進んでいます。

通常、被せものや入れ歯などを製作する際は、患部である歯列を精密にコピーした模型を作成し、その模型上で設計製作します。そのコピーに必要な工程として、従来であれば柔らかい歯科用シリコンを盛り付けたトレーを患者様に噛んでいただき歯型をコピー(印象採得)、コピーしたシリコンに石膏を流し込み、固まったら模型の完成、という流れで実現しておりました。この方法は長きに渡り、一般的に採られてきた手法ですが、近年、口腔内スキャナーが登場したことで大幅に変わってきています。

このスキャナーは非接触で歯列をスキャニングすることで、歯列をデータ化することが可能です。歯列のデータ化によるメリットは非常に大きく、精度が高くなり再製作のリスクが減る、模型が不要となることによる物流の簡略化、患者様負担の軽減、非常時のバックアップが可能、などが挙げられます。

デジタル歯科の実現には歯列のデータ化が不可欠であり、歯列をコピーした模型をスキャンするのか、直接口内をスキャンするかのどちらかで実現が可能です。そのため、今後はよりシンプルな口腔内スキャンが主流になって行くことが考えられます。

足利セラミックラボラトリーはその様な手法でスキャニングされた歯列データによる人工歯や入れ歯等の製作を行っております。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

技工物の説明

「デジタル歯科」の言葉の普及と、その未来を実感したのは正しく、このCAD/CAM冠が保険適応となった時でしょう。

CAD/CAM冠は、フィラーを高密度充填させたコンポジットレジンを加圧・加熱重合したハイブリッド型レジンブロックを歯科用CAD/CAMシステムを用いてクラウンに加工した補綴物です。

部位 機能区分 名称 シェード
前歯 CAD/CAM冠用材料(Ⅳ) Kuraray Noritake カタナ アベンシアN A1 / A2 / A3 / A3.5
小臼歯 CAD/CAM冠用材料(Ⅰ) 松風ブロックHC A1 / A2 / A3 / A3.5 / B3
CAD/CAM冠用材料(Ⅱ) 松風ブロックHC ハード A2 / A3 / A3.5 / A4
GC セラスマート プライム A1 / A2 / A3 / A3.5 / A4
大臼歯 CAD/CAM冠用材料(Ⅲ) 山八 アルテサーノデュール A2 / A3 / A3.5
GC セラスマート300 A2 / A3 / A3.5

制作日数:中5営業日

2年保証となりました

製作したCAD/CAM冠は2年保証となります。保証対象については弊社までお問い合わせ下さい。

注意事項
  • 保証サポートの期間は、CAD/CAM冠を口腔内装着後、クラウン・ブリッジ維持管理料を算定される2年間とさせていただきます。
  • 保証サポートの適用は、上記条件を満たした臨床ケースが、破折により再製作となった場合に、再製作用ブロックを弊社が負担させていただきます。
  • 口腔内試適・装着時における破折の場合は、保証サポート適用外とさせていただきます。(術後経過時のみ適用)
  • 再製作時の技工料やその他の材料費等を保証するものではございません。
  • 保険診療にてクラウン・ブリッジ維持管理料の算定をされない場合は、保証サポート対象外とさせていただきます。
届け出について

「CAD/CAM冠の保険導入」については、厚労省より下記「算定告示」の文言のように範囲が定められており、保険導入に際して、保険医療機関(貴医院)内に技工士が在籍していない場合は、歯科技工士と連携が取れている事を厚労省に届け出る必要があります。

予め必要事項を記入した物が下部よりダウンロード出来ます。

申請書類一式ダウンロード

不明点がございましたら弊社までお問い合わせください。

お取引のご相談・お問い合わせ

Degital Dentistry