足利セラミックラボラトリー

TOP
口腔内スキャンデータ入稿はこちら

メインコンテンツ

ラジオグラフィックガイド

ラジオグラフィックガイド

ソーシャルボタン

一般の方向け解説文

口腔内スキャンとは、直接歯列をスキャニングしてデジタルデータ化するシステムの総称で、歯科医療のデジタル化に伴い普及が進んでいます。

通常、被せものや入れ歯などを製作する際は、患部である歯列を精密にコピーした模型を作成し、その模型上で設計製作します。そのコピーに必要な工程として、従来であれば柔らかい歯科用シリコンを盛り付けたトレーを患者様に噛んでいただき歯型をコピー(印象採得)、コピーしたシリコンに石膏を流し込み、固まったら模型の完成、という流れで実現しておりました。この方法は長きに渡り、一般的に採られてきた手法ですが、近年、口腔内スキャナーが登場したことで大幅に変わってきています。

このスキャナーは非接触で歯列をスキャニングすることで、歯列をデータ化することが可能です。歯列のデータ化によるメリットは非常に大きく、精度が高くなり再製作のリスクが減る、模型が不要となることによる物流の簡略化、患者様負担の軽減、非常時のバックアップが可能、などが挙げられます。

デジタル歯科の実現には歯列のデータ化が不可欠であり、歯列をコピーした模型をスキャンするのか、直接口内をスキャンするかのどちらかで実現が可能です。そのため、今後はよりシンプルな口腔内スキャンが主流になって行くことが考えられます。

足利セラミックラボラトリーはその様な手法でスキャニングされた歯列データによる人工歯や入れ歯等の製作を行っております。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

技工物の説明

「ラジオグラフィックガイド」は現在の歯列を元に、歯がない位置へ仮想の歯を配置したプラスティック製のマウスピースです。このグラフィックガイドを口に入れて、CT撮影をすることで、システム上で治療計画を行うことが可能となります。

CTスキャン中に、修復する歯列と軟組織形態が再現されたラジオグラフィックガイドを使用することで、最終的な補綴をイメージしながらソフトウェア上でのプランニングが可能となります。ラジオグラフィックガイドはサージカルテンプレート作製の基礎にもなります。ラジオグラフィックガイドを正しく設計することで、治療を成功させる前提条件となり、最終補綴形態が、明確に正しく評価でき、正確に再現可能となります。

デジタル機器の導入により無切開・無剥離で行う「フラップレスインプラント治療」が可能となっております。弊社ではCAD/CAMシステムにより、ラジオグラフィックガイドをご提供可能としております。

お取引のご相談・お問い合わせ

Implant