足利セラミックラボラトリー

TOP

メインコンテンツ

ラジオグラフィックガイド

ラジオグラフィックガイド

ソーシャルボタン

技工物の説明

「ラジオグラフィックガイド」は現在の歯列を元に、歯がない位置へ仮想の歯を配置したプラスティック製のマウスピースです。このグラフィックガイドを口に入れて、CT撮影をすることで、システム上で治療計画を行うことが可能となります。

CTスキャン中に、修復する歯列と軟組織形態が再現されたラジオグラフィックガイドを使用することで、最終的な補綴をイメージしながらソフトウェア上でのプランニングが可能となります。ラジオグラフィックガイドはサージカルテンプレート作製の基礎にもなります。ラジオグラフィックガイドを正しく設計することで、治療を成功させる前提条件となり、最終補綴形態が、明確に正しく評価でき、正確に再現可能となります。

デジタル機器の導入により無切開・無剥離で行う「フラップレスインプラント治療」が可能となっております。弊社ではCAD/CAMシステムにより、ラジオグラフィックガイドをご提供可能としております。

Implant